tomo's アンチエイジング

40代からのアンチエイジング!効果的なモノをとりあえず試していく美容ブログです。

美容・健康情報

「お試し」で高額請求!?注意点と対処方法は?【あさイチ】

投稿日:

「お試し」で高額請求!?注意点と対処方法は?

 

2017年2月20日(月)に放送されたNHKあさイチの特集『「お試し」で高額請求!?』

最近、お試しのつもりで注文したものが高額請求されるというトラブルが急増しているそうです。

 

きれいにやせたい、究極の美ボディ、ネット上にあふれる美容・健康食品の広告。

通常数千円の商品がたった500円でお試しができると一見お得そうなものがあります。

しかし、実はそこに落とし穴が・・・

 

ネット通販が当たり前になってきた中で、こういったトラブルが多くなっています。他人事ではありません。

私もよくネット通販を利用して健康食品やサプリなどを買っています。注意はしているつもりですが、いつトラブルに巻き込まれるかわかりません。

 

ネット通販を利用する際の注意点やトラブルにあったときの対処方法が紹介されていたのでまとめてみました。

ネット通販に多いトラブルの例と、注意点、対処方法を紹介していきます。

 

 

通販「お試し」トラブル急増中!

 

国民生活センターによると美容・健康食品の通信販売によるトラブルが急増しているらしいんです。

なんと相談者の8割が女性。

 

500円ならいいかと「お試し」注文したら・・・

 

なにげなく芸能人のSNSをチェックしていたAさん。するとある女優さんがあるサプリメントを飲んで痩せたといってその商品の写真をアップしていたのを発見。

「へ~あの人も使ってるんだ」

と興味を持ったAさんはその商品を検索。お試し価格500円の広告につられ早速注文します。

数日後、商品が届き500円を支払ったAさん。

 

でも、残念ながら効果を感じられないどころか、かえって調子が悪くなる気がして飲むのを中止しました。

 

ところが、翌月にも同じ商品が・・・注文もしていないのに?

同封されていた請求書には4,000円の記載が。

 

あわてて、事業者に連絡すると「えっ?定期購入?」

 

なんと、お試し価格500円は定期購入が条件だったというのです。

 

事業者:「5回以上継続しないと解約ができないんです。その旨記載してありますが」

 

あらためて確認してみると、確かに目立たない場所に小さな文字で記載されていました。

結局Aさんは5回分で合計16,500円を支払うことになってしまったのです。

 

国民生活センター

表示が全くないわけではなく書かれているケースもある。

ただ、小さい表示だったり、他の表示に紛れていたり、あるいは離れたところに書かれていたりするため、定期購入に気付かないまま注文してしまうケースが多くみられます。

 

◆美容・健康食品通信販売トラブル

お試し価格につられて注文→気づかないうちに定期購入の契約

お試し価格につられて1回だけのつもりで注文したところ、気づかないうちに高額の定期購入をしてしまうトラブル。

このような広告表示が複数の事業者でトレンド化している状況だといいます。

 

ネット通販はクーリングオフできない!?

クーリングオフによる解約

◎できる
  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
×できない
  • 通信販売

クーリングオフという制度があるから解約できるんじゃないか?と思いがちですが、ネットショッピングやテレビショッピングなど時間に余裕があって自分の意志で決めたと判断されるのでクーリングオフができないそうなです。

 

tomo’s
知らなかったー(汗)

 

だったら泣き寝入りするしかないの?

 

ネット通販のトラブルの対処方法

 

消費生活センターに相談する

消費者ホットライン 188 (局番なし)

 

消費者ホットライン 188 (局番なし) いやや!で覚える

消費者生活センターに連絡すると話し合いで解決するための支援をしてもらえます。
何が納得できないのか?どうしたいのか?経過の説明をして相談すれば大丈夫らしい。

解約できる場合もあるということ。

電話をして相談し、助言にしたがって行動する。

 

実際に生活センターに聞いてみると間に入って仲介として業者に連絡をしてくれる。そして、その業者が了承して解約に応じてくれることもある。ということです。

確実ではなく、ダメな時もあるというのが悲しいところ。

 

ネット通販業者に表示改善を申し入れ

 

不当表示に対して改善するための方法というのが全国に内閣府の認定を受けた消費者団体というものが全国に14あります。消費者団体は、不親切な表示に対して改善の申し入れなどをしている。

例えば、

消費者からの相談をうけ、業者に改善を申し入れる。

  • 定期購入のことが小さい文字でかかれている
  • 4か月で総額いくらなのか表示がない

申し入れに対して改善されたのが

  • 定期購入のことが太枠で目立つ場所に表示
  • 合計でいくらになるのかが表示されている

消費者団体のホームページには、どの事業者にどのような改善を申し入れたかが詳しく表示されています。

http://saitama-higainakusukai.or.jp/correction/index.html

 

ネット通販トラブル ひっかからないためには

 

小さな文字こそきちんと読む

消費者にとって大切なことが小さな字で書かれています。

通信販売を利用するときは、表示を全部よむ。途中で注文しないで全部読む。

とくに小さくかかれているのは消費者にとって重要なことがかかれているのでよく読むことが必要。

 

定期購入自体が悪いわけではない

 

今までのことを聞いていると「定期購入」がなんだか危険というイメージになりがちですが、そんなことはありません。

  • 試してみて、効果を全く感じなかったり体に合わない場合は解約できる
  • サプリなどたまってきた場合は一旦休会し、再度定期コースを再開できる

さらには返金してくれるところもあるので、しっかり確認して自分にとって親切なのかどうか納得してから購入する事が大切なんですね。

 

サプリメントなどは、ゆっくり効果が出てくるものなので3ヶ月以上目安に飲み続けるのが理想だといわれています。定期コースの場合、送料無料で届けてくれて注文する手間がないので私は便利なシステムだと思っています。

ただ、体に合わないとか、味が苦手とか続けることが無理だと継続できないので途中で解約できるという点は必須ですね。

 

表示をよくみて、自分に親切な仕組みになっているかどうかを細かいところまでよくみて判断する。

 

tomo’s
結局「購入する前には表示をよく読んでください」という事なんですね。

 

関連記事google

関連記事&広告

-美容・健康情報
-,

Copyright© tomo's アンチエイジング , 2018 All Rights Reserved.