tomo's アンチエイジング

40代からのアンチエイジング!効果的なモノをとりあえず試していく美容ブログです。

コラーゲン 美容・健康情報

コラーゲンは効果あるの?コラーゲン100%活用SP【ガッテン!】

更新日:

コラーゲン100%活用SP

 

2017年3月1日(水)のNHKガッテン!で放送された「コラーゲン100%活用SP」

今回のテーマは、お肌プルプル効果の代名詞コラーゲンの新事実。

 

今や街にはたくさんのコラーゲン商品が並び、居酒屋でもコラーゲン鍋は大人気。

「コラーゲンが入ってると気持ち的にあがる」
「お肌に注入したいなと思って」

と、女性に人気のコラーゲン。

 

その一方で、

 

「口から入れたものは肌に出ないっていうのをテレビで聞いたことがある。」
「続かずにやめてしまった。結果がすぐにわからないので」

雑誌や書籍などでも「摂取したコラーゲンが肌に使われる保証はない」「サプリメントは意味がない」「プルプル」は大間違い なんていう否定的は意見を結構みかけます。

 

私もどちらが正しいのか、誰か本当のところを教えてくれよーって思ってました。

 

その答えを、ガッテン!で出してくれたんです。

 

答えは、「コラーゲンは効きます!ただ・・・」

 

tomo’s
おおっ!コラーゲン効果あるんだー!

 

でも、効く人と効かない人がいるようなんです。その違いは何なんでしょうか?

 

コラーゲンの最新研究と、決定版!コラーゲン100%活用SPを紹介していきます。

 

コラーゲンを摂取して検証実験をしてみた結果・・・

 

なぜ世間では効く派効かない派にわかれているのか。こんなにも意見がまっぷたつなのか。

実は効果を実感するには絶対に知らなきゃいけない大事なポイントがあったんです。

 

ということで、ガッテン!では検証実験を開始。

協力したのは肌に悩みをもつ40代~60代の女性。

実験方法

  • 市販されている純度100%の粉末 1日5g飲む
  • それ以外はいつも通りの生活をする
  • 4週間後、「水分量」と「シワの数」の肌をチェック

 

結果は、6人中3人が水分量とシワの数で改善がみられましたが、残り3人は効果が全くありませんでした。

 

効果が出た人と出なかった人の差は一体なんなんでしょうか?

 

コラーゲンパワーに欠かせないポイントとは?

 

体内のコラーゲンの40%は皮膚にあります。

ポイントは、「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」

 

コラーゲンを口から入れると胃や腸で摂取したコラーゲンというのはバラバラに分解されてしまいます。

コラーゲンはおなかの中で分離されて、バラバラになって、もはやコラーゲンではなくなってしまうんです。

 

わかったのはこの続き。

 

線維芽細胞はこのバラバラになったコラーゲンをみて、壊れた!と勘違いしてどんどん増えていきます。そして、どんどん新しいコラーゲンを作っていくんです。

気がつけば、わたしたちの体の中にコラーゲンがたっぷり増えていて、おかげで水分アップ、シワが消えたなどのことがおこるらしいのです。

 

私たちの体の中でコラーゲンを作ってくれる超ありがたい存在が「線維芽細胞」

コラーゲンが分解されて壊れてしまったと思った線維芽細胞が勘違いして増え、どんどんコラーゲンを増やしてくれるというわけ。

 

コラーゲンが効かない人はこれが起きないから。

線維芽細胞がないわけじゃなくて起きない。

 

その理由を看護師の方が説明してくれました。

「褥瘡(じょくそう)」とは床ずれのこと。寝たきりなどで血流が悪化したところが壊死してしまう症状。

こういう患者さんがコラーゲンをとることによって傷の治りが早くなるという効果がでている。他にも手術後の傷だとか潰瘍になった傷とかにも効果がある。

お肌をプルプルにするという効果だけじゃなくて皮膚の再生能力が上がるということなんですね。

★大発見。
今注目されはじめたコラーゲンパワー。それは、肌の再生能力アップ!

 

コラーゲンの効果とはダメージに対して現れるものだった

 

分解しきれなかったコラーゲンの破片(ペプチド)が体内に吸収されることを発見。

 

◆線維芽細胞が増える条件

コラーゲンペプチド(分解されきらない破片)とダメージを受けると出るたんぱく質の2つが必要。ダメージとは紫外線とかケガとかの事。

 

コラーゲンがおすすめの人

  1. 高齢者
    加齢で線維芽細胞は減少。コラーゲンによって活性化しやすい
  2. 炎症のある人
    (大けが、関節痛、日焼け、冬の乾燥など)

コラーゲンの効果とはダメージに対して現れるものだったんです。

 

若い人でも飲んでみて何かいい変化があれば飲んでみてもいいそうです。自分で気づいていないダメージがあるかもしれません。

 

駅伝部の方が夕食にコラーゲンをとるようにしたら、力もつくようになってタイムも伸びたので効果を感じたそうです。

関節の痛みをコラーゲンが和らげるという研究もあるそうです。軟骨細胞にも効果が発見されています。

研究が進むコラーゲンの”修復パワー”は、ダメージのあるところで働くと考えられています。

 

コラーゲンがもつ様々なうれしい効果。

関節

 

実は海外では以前から注目されていました。例えばドイツにあるコラーゲン研究所。ここで研究されているのは関節への効果。関節の中にある軟骨の再生を助けることがわかりました。

コラーゲンを摂取することで軟骨の破壊を抑制し、関節炎の進行を抑えることができると考えられます。

そこでドイツでは5年ほど前から関節炎にコラーゲンが使われ始めています。

 

効果を医師に聞いてみると、コラーゲンはふつうの痛み止めと違い、8から12週間と時間をかけて効果が現れます。なにより痛みの元となる炎症が抑えられ、多くの患者さんがつらい痛みに耐えられるようになりました。

 

さらに日本の愛媛大学医学部附属病院では血管への効果が注目されています。

血管の20%はコラーゲン。

実験をすると、コラーゲンを飲み続けた人は血管年齢がおよそマイナス5歳若返ったそうです。

 

担当した医者の方が「これまではこういうサプリメントは相手にしない分野だったが、明らかに血管年齢が下がったことで非常にびっくりした」と言ってました。

 

コラーゲンの注意点

 

コラーゲンの効果が「認められる」「認められない」両方の研究結果がでている。

 

国立健康・栄養研究所リンク

コラーゲンについてまとめたホームページによれば、効果が認められるという研究結果のほかに認められないという研究結果も目立ちます。

コラーゲンはまだまだ研究が進められている途中ということなんですね。

 

手軽にコラーゲンをとる方法

 

実はコラーゲンにそっくりの身近な食材があるんです。それは「ゼラチン」

 

tomo’s
コラーゲンとゼラチンの違いって何?

専門家に聞くと、コラーゲンもゼラチンもほとんど中身は同じ。

 

市場で販売されている価格的には、コラーゲンのほうが高い。半分くらいの価格で手に入るゼラチンを摂取しても同じと考えられます。

でも、やっぱり違いはあります。

 

血中への吸収量を比較してみると、ゼラチンが1とすると、コラーゲンは1.8倍だったそうです。コラーゲンサプリなどは身体に吸収されやすいように精製されているからです。

※体質などによる個人差があります。メーカーや商品によっても異なります。

 

効果的にはコラーゲンとして販売されているものの方が吸収されやすいけど、毎日3食から考えるとこのゼラチンを食べ物の中でうまく利用していけば、持続的にも日常的にも役に立つはずです。

 

おいしい!たのしい!ゼラチンパワー

 

ゼラチンを使った料理が紹介されました。料理にも使えるゼラチンには料理をおいしくしてくれるすごいパワーがあるんです。

そのひとつが、保水力。

水分をしっかりとキャッチします。

 

チャーハン×ゼラチン

チャーハン

油をほとんど使わずに簡単にできてしまう。

 

●材料

  • 米・・・2合
  • ゼラチン・・・小さじ1
  • 長ねぎ(みじん切り)・・・1/2本
  • 焼き豚(5mm角)・・・50g
  • 卵・・・1個
  • 塩・・・小さじ1
  • ★こしょう・・・少々
  • ★しょうゆ・・・小さじ2
  • ★ごま油・・・小さじ1/2

●作り方

  1. 炊飯器にお米を入れ、2合の水位に合わせる
  2. そこから大さじ3の水を抜く
    (米をチャーハンらしい、かための食感にするため)
  3. ゼラチンを大さじ1のお湯で溶かし、炊飯器に入れる
    (ゼラチンをムラなく溶かし、ダマにならないようにする)
  4. おかまに塩と焼き豚を入れよく混ぜたら、米を炊く
  5. 溶き卵に、★の調味料【こしょう・しょうゆ・ごま油】を混ぜ合わせておく
  6. 炊きあがったら、すぐにフタをあけ、調味料を混ぜた溶き卵(5)と、長ねぎを加え、そのまますぐにフタをする
  7. 5分蒸らした後、米をよく混ぜ合わせたら完成

※ ゼラチンの分量は、湯で溶けるゼラチンを使用した場合のものです

 

パスタ×ゼラチン

ナポリタン

 

麺の周りをゼラチンがコーティングすることで冷めても弾力がキープ。お弁当におすすめ。

ソースに混ぜる(1人前につきゼラチン2g)と冷めても固まりにくくなる。

 

スープ×ゼラチン

スープ

 

スープなどに入れるとコク・まろやかさ・甘みなどがアップ。

目安は、計量カップ1杯・200mlの水に対して、ゼラチン小さじ1強。

 

コラーゲン&ゼラチンのまとめ

まとめ

研究が進んでいる症状

ケガ、日焼け、乾燥、関節炎など

コラーゲンもゼラチンも薬でなく食品です。症状に悩む人は病院へ。

こんな人は医師に相談

肝臓病、腎臓病、アレルギー、妊婦など

※コラーゲンサプリは食品です。薬のような効果が保証されるものではありません。

 

コラーゲンサプリを飲んで効果を感じたら、ダメージがあったんだなーって事で、効果を感じないって事はそのままでも大丈夫だっていう事なんですね。

コラーゲンが全く無駄じゃないって事がわかっただけでもよかったです。

 

加齢で色々な所に出てくるダメージをどうか修復してください!コラーゲンパワー!

 

tomo’s
ガッテンで紹介されていたコラゲネイドを飲んでみました
コラゲネイドはじめてセット
コラゲネイドはじめてセットでコラーゲンを効果的に補給してみた

  年齢とともに減ってしまうコラーゲン。 コラーゲンは、私たちの肌・髪・爪・骨など体を構成している大切な成分。   コラーゲンの代謝サイクルが減ってくると、酸化・糖化され、機能が低 ...

 

関連記事google

関連記事&広告

-コラーゲン, 美容・健康情報
-, ,

Copyright© tomo's アンチエイジング , 2018 All Rights Reserved.