tomo's アンチエイジング

40代からのアンチエイジング!効果的なモノをとりあえず試していく美容ブログです。

美容・健康情報 美白

肌の黄ぐすみ対策!正しい日焼け止めの塗り方&カバー方法【あさイチ】

更新日:

肌の黄ぐすみ対策

 

もうすぐ7月。紫外線が最も強くなる季節です。

日焼けで肌が黒くなったり、シミができたり、気になると思いますが、もうひとつあなたの肌に起こるこわーい現象「黄ぐすみ」。

 

「黄ぐすみ」って知ってますか?

・・・はじめて聞いた・・・何それ?

 

近年さまざまな研究から紫外線によって肌が黄色く変色する黄ぐすみという現象がおきることがわかってきました。

そこで医療業界では今、黄ぐすみの対応に大きな注目が集まっているんです。

 

そんな聞きなれない「黄ぐすみ」について2017年6月28日放送のNHKあさイチで「ご用心!肌の「黄ぐすみ」夏、紫外線があなたを襲う」が紹介されました。

 

tomo’s
今回は、黄ぐすみについて紹介された対策やカバー方法をまとめてみました。

 

 

黄ぐすみっていったい何?

 

「黄ぐすみ」とはどんなものなのでしょうか?

黄ぐすみが少ない肌と黄ぐすみが多い肌を比べてみると、63.1%の人が黄ぐすみが多い肌の人の方が老けてみえると回答。

しかもこの「黄ぐすみ」日焼けよりもやっかいなんだそうです。

 

普通の日焼けは、赤くなったり黒くなったり、そしてだんだん冷めていくと比較的短い間におきる現象ですが、黄ぐすみは紫外線のダメージがずっと続いて残っていく慢性的な変化なんです。

普通の日焼けというのは、紫外線が表皮にあたるとメラニンがつくられ表皮の皮膚が黒くなります。しかし、表皮は生まれ変わりが早いので4週間から6週間ほどではがれおち、元の肌の色に戻ります。

 

黄ぐすみは、紫外線が表皮の奥の真皮にも到達しておこる現象。紫外線の影響で真皮のタンパク質の線維が黄色く変色してしまうんです。

しかし、表皮と違って真皮の生まれ変わりは、10年かかるともいわれるほどとってもゆっくりなんです。

その間に紫外線を浴びれば浴びるほど、肌の黄色みが増すという、いわば長期にわたり蓄積する日焼けなんです。

 

自分の黄ぐすみチェック方法

 

自分はどの程度黄ぐすんでいるのかどうか?

簡単にチェックする方法があります。

 

黄ぐすみチェック方法

 

自分の二の腕の内側の色と顔の色をチェックします。

二の腕の内側の部分というのは紫外線が当たらないので元々の肌の色なので自分の顔の肌がどれだけ黄ぐすんでいるのかがわかります。

 

tomo’s
二の腕の内側と自分の肌の色、違いすぎて愕然としてしまいます・・・

 

黄ぐすみ対策

 

黄ぐすみ対策には、とにかく予防が大切です。

そのアイテムは、日焼け止め!

当たり前ではありますが、紫外線対策には日焼け止めなんですね。

 

黄ぐすみを防ぐための、正しい選び方、使い方があります。

 

黄ぐすみ予防のための日焼け止めの正しい選び方

 

黄ぐすみの原因は、紫外線のA波なのでここをしっかり防ぐことが大切です。

 

紫外線には、UVAという長い波と、UVBという短い波があるのですが、黄ぐすみの主な原因となるのはUVAの方。

 

UVAは真皮にまで届いてしまうんです。

しかもUVAは雲や窓ガラスも通り抜けやすい性質を持っているため、曇りの日でも室内にいても油断大敵なんです。

そんなUVAを防ぐためには、日焼け止めのパッケージのある部分に注目してください。

 

PA++++

 

それがPAという表示。

PAとはUVAをプロテクト(防ぐ)ということを意味しています。

 

+の表示が多いものほど、防ぐ効果は高いんですが、単純に多いほどいいというわけでもないそうです。

PA++++ ※最大で++++(4つ)

 

強いものはレジャーの時に使うことなどが想定されているので汗や水に強く成分的にも濃いものが使われています。

だから場合によってはかぶれてしまうこともあります。

 

なので日常生活では、PA++やPA+++で十分なんだそう。

 

つい多いの選んでしまいがち。肌の弱い人は少なめを。

 

黄ぐすみ予防のための日焼け止めの使い方

①使う量

 

重要なのは1回に使う量。

けちって少量だと効果が減少。使う量の半分だと効果は約1/4にまで下がってしまいます。

適正な量は、たっぷり500円玉くらいが目安。

 

②塗り方

 

塗り方

 

塗り方にも意外なポイントがあります。

手のひら全体で塗ってしまうと、手に日焼け止めがたくさん残ってしまうんです。しかもガって雑巾がけみたいにやると、出っ張っているところが取れてしまいます。

 

正しい塗り方は、出したクリームを指につけ、手のひらを丸くして肌をつつむようにポンポンと優しくのせていきます。

さらに目の下や小鼻など、塗り残しやすいくぼんだ部分はきつね指でつけていきます。エステの基本はきつね指。中指と薬指の2本は力が入りすぎないとの事。

中指と薬指で優しく塗って仕上げていきます。

 

最後にもうひとつ。15分待つ。

15分待った後にメイクをして仕上げます。

 

日焼け止めの成分が角層にある程度浸透して安定してから外に出ることが大切。

浸透してないのにそのまま外へ行ってしまうと、例えば汗で流れてしまったりとか、きちっとした効果が出なくなってしまいます。

 

黄ぐすみのカバー方法

 

すでになってしまっている黄ぐすみはどうすればいいのか?

それはメイクでカバーするという方法があります。

 

  • パープル系の下地がいちばん簡単。黄色味を抑えることができます。
  • 血色感が出るファンデーションなどを使う

(byメーキャップアーティスト山本浩未さん)

 

さいごに

 

紫外線UVAによる肌の黄ぐすみいかがでしたか?

 

紫外線って必要なんだろうけど、肌にとっては本当に怖いですよねー。

 

UVAは、黄ぐすみだけじゃなくシミやシワの原因にもなるといわれています。

だからアンチエイジングのためにも毎日の日焼け止め対策は必須!

 

tomo’s
今回紹介されたように正しい日焼け止めの使い方で紫外線からお肌を守っていきましょう。

関連記事google

関連記事&広告

-美容・健康情報, 美白

Copyright© tomo's アンチエイジング , 2018 All Rights Reserved.