tomo's アンチエイジング

40代からのアンチエイジング!効果的なモノをとりあえず試していく美容ブログです。

食べ物

スーパーフルーツ「キウイ」のスゴイ栄養と美肌効果

投稿日:

キウイフルーツ

 

毎日手軽に食べられて、豊富な栄養と美肌効果があるフルーツとして今大注目されている『キウイ』

日本で栽培されている品種は100種以上と果物の中でも消費をのばしているスーパーフルーツなんです。

なるべく自然なものでビタミンや酵素などの美容にいい成分を補給したい女性にぴったりのキウイのスゴイ栄養と美肌効果を紹介していきます。

 

今、キウイが注目されている3つの理由

キウイフルーツ

1.豊富な栄養がぎっしり詰まっている

 

フルーツの中でもキウイは栄養素充足率(食品に含まれる栄養素の割合)のスコアが高く、りんごの約6倍、バナナの約2倍、レモンの約1.5倍以上といわれています。キウイ1個に栄養がぎっしり詰まっています。

 

2.ダイエットにうれしい低GI食品

 

食後の血糖値の上昇度合いを示すGI値がキウイは39とフルーツの中でも低く、ダイエット中の方にうれしい低GI食品です。

キウイと炭水化物を一緒に摂ると血糖値の上昇を抑制してくれます。

 

3.タンパク質分解酵素がたっぷり

 

たんぱく質分解酵素のアクチニジンが豊富。肉料理や魚料理などと一緒に食べるとたんぱく質の消化をよくして、体内への吸収を助けてくれます。

さらに最近ではスムーズな便通と関係があることが解明されつつあるそうです。

このアクチニジンはキウイにしか含まれていない酵素です。

 

キウイの豊富な栄養素と特徴

 

キウイフルーツ

 

食物繊維

 

腸内環境を良くしてくれる食物繊維。1日1個のキウイで約2.5gの食物繊維を補うことができるといわれています。

便通をよくするためには水溶性食物繊維不溶性食物繊維が必要ですが、キウイには両方の食物繊維がバランスよく含まれています。おなかの健康に役立ちます。

さらに保水力もあり、胃の中で膨らむので意外と満腹感があります。

 

ビタミンC

 

強い抗酸化作用があり、ストレスの対抗力や免疫力強化にも役立つビタミンC。紫外線によるシミを防いだり、コラーゲンの生成を助けたりと美容にも欠かせません。

ビタミンCは熱に弱いので生で食べられるキウイは最適です。

キウイのビタミンCの含有量は他のフルーツに比べてかなり多く、グリーンキウイ1個で1日に必要なビタミンCの約70%、ゴールドキウイでは1個で100%摂取できると言われています。

 

葉酸

 

葉酸は妊活中の方や妊娠初期に多く必要とされる栄養素です。熱に弱いので生のままで食べられるキウイは最適です。

 

カリウム

 

むくみを予防したり、老廃物の排出を助けたりしてくれるカリウム。細胞を正常に働かせるのに大切な栄養素で神経や筋肉の働きも整えてくれます。

みかんやりんごに比べて約2倍含まれています。

 

ビタミンE

 

若返りのビタミンとも言われているビタミンE。ビタミンCとビタミンEが一緒に働くことで抗酸化作用が働くのでキウイは抗酸化フルーツともいえます。

 

 

キウイは他のフルーツに比べて栄養素がバランス良く含まれているのが特徴です。

 

グリーンキウイとゴールドキウイの違い

 

ゴールドキウイ

 

最近ではキウイの品種が豊富でゴールドキウイをよく見かけるようになりました。このふたつ見た目や味が違うだけじゃなく、栄養も少し違うんです。

グリーンキウイは、食物繊維が豊富でフルーツの中でもトップクラス。

ゴールドキウイは、ビタミンCが豊富で1個でレモンの8個分以上含まれているといわれています。

ビタミンCは、体に蓄えておけない栄養素です。毎日キウイを摂ることでビタミンCをキープできるので免疫力強化や、抗酸化力アップとアンチエイジングにもぴったり。

 

ゴールドキウイなら1個で1日に必要なビタミンCを摂取できます。

 

毎日天然のマルチビタミンで美肌を保っていきましょーっ

 

tomo’s
キウイが甘くなる保存方法や美味しいキウイの選び方がテレビで紹介されてました。
キウイが超甘くなる保存術&美味しいキウイの選び方
キウイが超甘くなる保存術&美味しいキウイの選び方【あさイチ】

  あなたはキウイのことをほとんど、何も知らない…かも。 というオープニングから始まった2017年3月6日(月)のあさイチ。 今回は「キウイの得技」を教えてくれます。   キウイフ ...

 

関連記事google

関連記事&広告

-食べ物
-

Copyright© tomo's アンチエイジング , 2018 All Rights Reserved.