tomo's アンチエイジング

40代からのアンチエイジング!効果的なモノをとりあえず試していく美容ブログです。

美容・健康情報 食べ物

【乳酸キャベツのスゴイ効果と作り方】腸活の為に作って食べてみた

更新日:

乳酸キャベツ

 

「腸がキレイになると若返る」の言葉を信じて、腸活に効くものはとりあえず試していきたい40代tomo’sです。

今回は、「乳酸キャベツ」。最近、雑誌やテレビなどで話題で2017年1月31日に放送された大阪の朝の番組「おはよう朝日です」で特集されてたので、早速メモ。

 

キャベツと塩だけで出来るという乳酸キャベツ。ちょうど家にあったので実践してみました。

乳酸キャベツがどうして腸にいいのか?乳酸キャベツの作り方を紹介したいと思います。

乳酸キャベツが腸活に効く理由

 

乳酸キャベツは、キャベツを塩でもみ、しばらく置くことで発酵し、腸内細菌のバランスを整えてくれる「乳酸菌」が増えるというもの。そして、キャベツには水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

この乳酸菌×水溶性食物繊維のWパワーが加わった乳酸キャベツの力がスゴイんです。

 

  • 腸内環境を整えて、便秘解消
  • カラダに溜まった老廃物はドバっと排出
  • ビタミンB群、ビタミンC、ギャバなどが豊富で美肌効果
  • おなかすっきり効果とカロリー燃焼の効果で自然にやせ体質に
  • 腎機能改善でアンチエイジング効果

 

キャベツだけでも栄養素抜群ですが、そこに塩を加えて発酵させるだけでパワーがぐんとアップ。

作り方もとても簡単なのでやらない手はありません。

 

乳酸キャベツの作り方

 

乳酸キャベツ

材料

  • キャベツ 1個
  • 粗塩 小さじ2×2
  • きび砂糖 小さじ½

キャベツは新鮮なものがいいそうです。

 

①キャベツ1個を千切り

 

キャベツ千切り

洗って、よく水気を切ってから、千切りに。細かく切るほど発酵しやすくなります。

 

②ジップロックなどの保存袋に千切りキャベツ半分と粗塩小さじ2を入れる

 

乳酸キャベツ

 

キャベツに味をしみこませるために塩を2回にわけて入れるのがポイントだそう。半分のキャベツにまずは粗塩小さじ2を入れる

 

③袋の上から揉んでなじませる

 

④残りのキャベツとあら塩小さじ2ときび砂糖1/2を加えて、全体になじむように袋の上からよく揉む。

※ここでお好みのスパイスを入れてもいいそうです。
唐辛子・黒こしょう・乾燥ショウガ・ローリエなど。唐辛子は防腐効果があるそうです。

 

⑤しっかり空気をぬいて重石をして常温で置きます。

 

おもし

(重しがなかったのでストックの調味料たちで代用)

 

袋の上からぎゅっと押して空気を抜いてから袋の口を閉じます。

そして、1.5kgくらいの重し(500mlのペットボトル 3本くらい)をのせて、直射日光があたらない常温の場所で冬は3日~6日、夏は1~3日くらい置きます。

 

⑥少し食べてみて、酸味があって泡立っていたら発酵している証拠。清潔な瓶に入れて冷蔵庫で保存。およそ1ヶ月保存できます。

 

乳酸キャベツ

 

1月31日に仕込んで、本日2月5日。ちょうど6日目。

 

乳酸キャベツ

 

家にキャベツ半玉しかなかったので塩などの調味料を半分にして作ってみましたが、ちょっとしょっぱくなってしまいました。

でも、漬物のようで美味しい。

これは色々アレンジして料理に使えそう~

 

乳酸キャベツの食べ方

 

そのままでもお漬物みたいで美味しい乳酸キャベツ。普通に箸休めや海苔、かつおぶしなどを混ぜて簡単な副菜にも。

 

おはよう朝日ですで紹介されていた簡単レシピ

◆富士山キャベツ

  1. 乳酸キャベツを皿に高く盛る
  2. パルミジャーノチーズをかける(粉チーズでも)
  3. オリーブオイルと粗挽きの黒こしょうをかける

乳酸キャベツの植物性乳酸菌とチーズの動物性乳酸菌のダブルパワーが腸にいいみたい。

tomo’s
早速作ってみた

富士山キャベツ

オリーブオイル×黒こしょう×粉チーズで食べてみました。美味しい!!粉チーズの濃厚さがプラスされてちゃんとした1品になっています。

サラダとして手軽に食べれます。

 

◆卵とチーズのオープンサンド

  1. パンにオリーブオイルを塗る
  2. ハムと乳酸キャベツをのせてくぼみをつくる
  3. 卵をそこにおとし、チーズをのせてトーストする

朝食やちょっとしたお昼ごはんによさそう。

tomo’s
具がこぼれそうだったのでスキレットに乗せてトースターへ

乳酸キャベツのオープンサンド

生卵だと火が通らないんじゃないかという不安どおりジュクジュクだったので、目玉焼きか温泉卵を乗せてから焼いた方がいいと思います。何度も焼き直しましたー。

乳酸キャベツの酸味だけで味付けはバッチリで美味しかったです。

 

他にもカレーライスに福神漬けのかわりに乳酸キャベツを添えたり、お味噌汁に入れたり、スープに入れたりと毎日の料理に飽きずに使えて便利。

乳酸菌は高温で死滅するといわれていますが、死滅しても体内で有効に働くそうです。

 

カレーライスに乳酸キャベツ

 

tomo’s
カレーライスに乳酸キャベツを添えて♪あう!

 

あまらせがちなキャベツを最初に保存食として常備しておけば、毎日の食卓に手軽に栄養をプラスできるのでいいですね。

 

乳酸キャベツの名付け親・井澤由美子さんの本には、乳酸キャベツを使ったレシピがたくさん紹介されています。

関連記事google

関連記事&広告

-美容・健康情報, 食べ物
-, , , ,

Copyright© tomo's アンチエイジング , 2018 All Rights Reserved.